【2015年11月7日 日本コンラッド協会第2回大会】
[The second conference of the Joseph Conrad Society of Japan on 7 November 2015]


 去る2015年11月7日に、関西学院大学梅田キャンパスにて第2回大会が開催されました。当日は、岩清水由美子先生(日本コンラッド協会会長)のあいさつで始まり、国内外のConradianの方々がご発表になりました。今回は 出版から100年を迎えつつある The Shadow-Line についてのシンポジウムが開かれて、同時代の作家たちや映画などとの比較もおこなわれました。大会の最後には、日本T. S. Eliot 協会であられる野谷啓二先生が、T. S. エリオットがコンラッドから受けた影響や両作家の違いについてご発表くださいました。また、学会の合間の休憩時間や懇親会では、参加者の方々が交流を深められました。

The 2nd annual conference of the Joseph Conrad Society of Japan was held at Kwansei Gakuin University, Osaka Umeda Campus, on 7 November 2015. International attendees gathered at this conference, which started with opening remarks from Professor IWASHIMIZU Yumiko, the chair of our society. After all of the sessions, a symposium was held on The Shadow-Line, whose centenary of the publication is approaching. At the end of the conference, Professor NOTANI Keiji (Vice-President at the T. S. Eliot Society of Japan) made a presentation on a relationship between T. S. Eliot and Conrad. The participants also enjoyed interacting in a relaxed atmosphere at both breaks and the post-conference party.







戻る