【2017年11月12日 日本コンラッド協会第3回大会】
[The third conference of the Joseph Conrad Society of Japan on 12 November 2017]


 去る2017年11月12日に、東京女子医科大学にて第3回大会が開催されました。当日は、榎田一路先生(日本コンラッド協会会長)のあいさつで始まり、国内外のConradianの方々がご発表になり、活発なディスカッションがなされました。今大会ではRichard Ambrosini 先生(ローマ第3大学教授)が特別講演をして下さいました。また、シンポジアムでは「コンラッドと病」のもとで議論がなされ、川崎明子先生(駒澤大学准教授)にコンラッド作品とブロンテ作品の比較をしていただきました。大会最後には、コンラッドの『ノストローモ』を元に書かれたフアン・ガブリエル バスケス『コスタグアナ秘史』を翻訳なさった久野量一先生(東京外国語大学准教授)が、同小説についてご講演くださいました。久野先生はご自身のお話の後で、田尻芳樹先生(東京大学教授)との間のディスカッションで、『ノストローモ』の書き直しについてお話しくださいました。

The 3rd conference of the Joseph Conrad Society of Japan was held at Tokyo Women's Medical University on 12 November 2017. International attendees gathered at this conference, which started with opening remarks from Professor ENOKIDA Kazumichi, the chair of our society. We were honoured to invite Professor Richard Ambrosini (Roma Tre University), who gave a special presentation on the reprsentation of female characters in Conrad's works. After all of the sessions, a symposium titled "Conrad and Illness" and a special lecture on Juan Gabriel Vásquez's The Secret History of Costaguana were held. In the symposium, Professor KAWASAKI Akiko (Komazawa University) discussed the differences of the representation of illness between Conrad's works and those of Brontë sisters. The special lecture was given by Professor KUNO Ryoichi (Tokyo University of Foreign Studies), who discussed Vásquez's narrative technique and Conrad's representation of South America with Professor TAJIRI Yoshiki (The University of Tokyo).












戻る