東京 京都コンラッド研究会 海王丸見学会 及 研究会について

幹事:田中 賢司

 ジョウゼフ・コンラッド(1857−1924)は、帝政ロシアのポーランド(現在はウクライナ共和国ベルディチェフ)に生まれ、19世紀末のフランス及びイギリスの商船員として地中海、中米、北海、東南アジア海域、オーストラリア、アフリカ(コンゴ河)等の海域(水域)で勤務し、さらに英国に帰化して小説家となりました。今年は彼の生誕150周年に当たり、ユネスコも、彼の作品でしばしば取り上げられる<個としての倫理性と人間の連帯>を洞察した業績を讃えています。 彼の海洋を舞台とした文学作品には、海上で勤務する者たちの情景が詳述されています
(『ナーシサス号の黒人』、「青春」、『万策尽きて』、「秘密の共有者」、『ロード・ジム』、『陰影線』、『海の鏡』など)。
本見学会におきましては、世界の海で青少年の船員教育を77年にもわたって行ってきた帆船海王丸の内部を詳しく見学し、コンラッドの作品の中で、船に関して詳述されている箇所を、海王丸パークの船に詳しい御専門の方々にお聞きし、その上でコンラッドの文学作品についての研究発表会を行うものです。
これまでコンラッド作品において記述だけではわからなかった箇所について、この機会にぜひお聞きいただき、作品の理解を深めていただければ幸いです。
なお、あらかじめお聞きになりたい箇所を先方にお知らせしておく方が確実です。お聞きする内容のとりまとめは、田中がいたします。

日時:2007年3月24日(土)〜25日(日) (見学会と研究会により一泊二日となります[日帰りも可])

    3月24日13時より 海王丸見学会(1)(海王丸船長よりご説明の予定)
    3月25日10時より 東京京都コンラッド研究会 例会(発表会)
          13時より  海王丸見学会(2)(海王丸船長よりご説明の予定)

場所:海王丸パーク     (富山県射水市海王町8番地)

集合:現地 (ご参加の方には詳しい情報を送付いたします。)

交通アクセスはhttp://www.kaiwomaru.jp/guide/access.htmをご参照下さい。

JRでは、大阪駅よりサンダーバードが、出ております。詳しくは下記までお問い合わせください。

連絡先:京都市南区東九条西山町19-202

TEL: 090−9700−9068

E-mail: kenjit22001@gmail.com


 

戻る